2015-04-07_10-59-36

第3回は必要な道具についてです。

竹竿製作には、特殊な道具以外はその辺りのホームセンターにでも売っている様な道具しか使いません。
特殊な道具や手に入りにくい道具は、無駄に探しまわるよりも専門店で購入する方が手っ取り早いと思います。僕が普段、お世話になっているのは埼玉のLEONさんというお店です。道具類は勿論、製作に必要なパーツも揃っていますので、ホームページを覗いてみてください。

では、早速、必要な道具を紹介していきます。あくまでUokarod流の製作方法に必要な道具となりますので、これはいらないとか足らない等のご意見は一切お聞きしません(笑)*ややこしいので、前の工程で書いた道具は後の工程で必要でも書いていません。次回以降の投稿で製作工程毎に必要な道具は書きますので今回は、ざっと書いていくだけにします。

竹割りで使用
◎革手袋 ◎竹割りナタ(両刃の物) ◎木槌(大きめの物) ◎メジャー(インチ表記のある物と裁縫用の物) ◎竹引きノコ(出来るだけ目の細かい物) ◎マスキングテープ(3Mの物が粘着力が丁度良いです。12mm,20mm,24mmの物)

節ずらし〜節落としで使用
◎金工ヤスリ(仕上げ用、中目程度まで数種類) ◎スポンジ付きサンドペーパー(中目程度の物) ◎カッター

曲げ取りで使用
◎ヒートガン(リョービの温度調節の出来る物) ◎プライヤー(要改造)もしくはヤットコ ◎バイス

荒削りで使用
◎荒削り用プレーニングフォーム ◎デプスゲージ(僕はインチ表記の物を使用しています) ◎六角レンチ(フォームのセッティングに必要) ◎洋鉋 荒削り用(大手ホームセンターにて購入可能ですが専門店の方が手っ取り早いと思います。代表的なものはスタンレー社の物ですが、自分でチューニングする必要があります。因みに僕はニールセンの物を使用しています。)*仕上げ用も後の工程で必要です。 ◎洋鉋用替刃(できれば硬刃の物) ◎砥石(荒砥、中砥、仕上げ用) ◎替刃砥ぎ用の治具(簡単に正確に砥ぐ為の治具) ◎指サック(事務用の物で可) *販売も考えていくのであればミーリングマシーンがあると作業効率は上がります。

バインディングで使用
◎バインダー(専門店で購入できます) ◎バインディングコード ◎各サイズ錘 ◎麻紐

火入れで使用
◎オーブン(自作も可能です。専門店でも購入可) ◎タイマー ◎温度計

セカンダリーテーパーでの削り〜表皮削り〜仕上げ削りで使用
◎プレーニングフォーム(専門店で購入) ◎スクレーパー(僕はニールセンの物を使用しています。無ければカッターでも代用可) ◎サンドペーパー(#180,#240,#400,#600を使用)

接着で使用
◎ビニール手袋(粉なしの物、使い捨ての物で可) ◎歯ブラシ(接着剤の塗布に使用) ◎バケツ(バインディングコードを濡らしておくのに使用) ◎接着剤(必要な硬度に応じて各種)

接着剤落とし、ブランクの仕上げで使用
◎NT ドレッサー(金のサンドペーパーの様な物。ホームセンターで購入可能)

コーティングで使用
◎オイル、もしくはニス等(自分の仕上げたい仕上げ方によって異なります。僕はオイルフィニッシュなのでオイル各種と樹脂塗料を使用しています) ◎キムワイプ(ボックスに入っている薄手の物)

金属パーツの下準備で使用
◎ルーター(あればで構いません。無くても何とかなります。) ◎ダイヤモンドシャープナー

フェルール取り付け、コルクリング接着、リールシート接着で使用
◎2液のエポキシ接着剤(5分硬化、90分硬化) ◎アルコールランプ(接着剤を軟化させるのに使用) ◎タコ糸(サイズ調整に使用) ◎瞬間接着剤 ◎デザインナイフ ◎ボンド(各種) ◎水糸(ナイロン製の物) ◎メタルプライマー ◎パーツクリーナー ◎ピラニアンソー(ブランクスをカットするのに使用。これじゃないと繊維が裂けます。。)

グリップ成形で使用
◎木工旋盤(あればで構いません) ◎ドリル(木工旋盤が無く、手で削りたくない場合のみ)

ガイドラッピングで使用
◎ラッピングベンチ(できればあったほうがいいですが、無くても可能です)

スレッドコーティングで使用
◎各種コーティング剤(希望の仕上げ方によって選びます。) ◎筆 ◎塗料皿 ◎精密秤(無くても可) ◎ロッドドライヤー(エポキシ使用時に必要。自作も可)

その他
◎竹(材料) ◎ガイド(各種) ◎フェルール(ピース数に応じて) ◎リールシート ◎コルクリング
*材料に関しては仕上げに応じて各種揃えてください。

以上となります。

こうやって見ていくと殆どの物がホームセンターで手に入る事が解ると思います。釣具を自作しておられる様な方であれば殆ど持っておられるのではないでしょうか? 専門性の高い道具でも、今ではオークション等で格安で手に入れる事も可能です。専門店さんでもたまにセールをやっておられたりするので、随時チェックしていれば安く揃える事も可能だと思います。
ただ、何本も作るのでなければ元は絶対にとれません。1本だけ作ってみたいという方は近くにお住いであればロッド製作スクールへお越し頂く方が結果的に安く済むと思います。ショップさんでもスクールを開催しておられる所がありますので探してみてください。

長くなったのでこの辺で。。。。