DSC05602

 

あなたはグリップの重さについて考えた事はあるでしょうか?

「グリップなんてロッドに付いている物なんだから考えても仕方がないじゃないか。」
そう考えている、もしくは考えた事も無い方が殆どだと思います。

では、ロッドの重さやリールの重さはどうでしょう?
ロッドやリールに関しては、皆さん、かなり気にしておられますね。
何故、気にするか? やはり投げやすさや操作のしやすさに直結するからでしょう。

両方が軽ければ良いという事ではなくバランスがとれていれば、少しぐらい重くても投げやすさや操作性は向上します。(重すぎる組み合わせはダメですが。。。)実際に同じロッドに軽いリールと重いリールを付け替えて投げてみれば納得頂ける筈です。(軽いロッドには軽いリールという事でもなく、軽いロッドでも反発力や曲がりの深さでバランスのとれるリールの重さは変わってきます。)
良く勘違いしておられる方が多いのですが、手元にはある程度の重量があったほうが竿を曲げ込みやすくなる為、より竿の性能を生かしきる事が楽にできる様になります。全体が軽めにまとまっている組み合わせで反発力があるロッドの場合は、かなりしっかり投げないと竿が曲がらない為、少ししんどいセッティングとなります。

従来のグリップ付きのロッドでは、投げやすさや操作性の向上の為に、ロッドの反発力や重さに合わせてリールの重さでしかバランスをとる事ができませんでした。逆に言えばロッドに対して長さと軽さの決まったグリップが付いている事で、バランスのとれるリールの重さが決まってしまっていたのです。

その為、何処どこのメーカーのロッドが凄くいい!!と聞いて購入してみた物の、思った程、投げやすくも扱いやすくも無い。。という事が起きてしまっていました。実際にブランクスはいいのに組み合わせるリールとバランスがとれていない為に、とても扱いにくくなっている組み合わせのタックルを使っている方を、たまに見かけます。(聞かれてもお答えできませんが。。。(苦笑))

昔、釣具店を経営していた頃に、常連の上手なお客様とこのロッドにはこのリールが合うよね〜等と、喧々諤々としていたのを思い出します。(笑)
(お客様の中には、リールに錘を貼ってまでバランスを取っていらっしゃる方もおられました。)
その頃から漠然と何とかならないかなと思っていたのですが。。。

先シーズンから販売させて頂いているオリジナルのチャンピオングリップ「Reverse」
今シーズンから金属パーツをフルオリジナルで製作してフルモデルチェンジを行いました。同時に今まで製作していなかったウッドグリップをラインナップに加えた事で、グリップの重さでもバランスをとる事が可能になりました。

上の写真はどちらもレギュラーの長さのReverse Gripですが、片方は花梨、片方はコルクで製作しています。(白黒で解りにくいですが。。。)
花梨の方の重量は108g。対してコルクの方は91g。長さは行く場所で決めて頂くとして(基本は行く場所ですが、好みで重さでのバランスをとってもらっても良いと思います)、これだけの重量差があれば好きなリールとバランスをとる事が可能です。

うちの竹竿に限って言ってしまえば、ロッドにある程度の重量(普通の竹竿に比べれば軽いのですが。。)と反発力がある為、軽いグリップだとかなり重めのリールを使う事でバランスがとれていたのですが、少し重めのグリップを使用する事で軽いリールでもバランスがとりやすくなります。

今までのチャンピオングリップだと、さすがに重すぎて誰にでもお勧めできるという物ではなかったのですが(中には軽く使いやすい物もありますが。。。)、Reverse Gripであれば逆にバランスのとりやすい重さになっておりますので、誰にでもお勧めできるグリップとなっております。
感度に関しても、チャンピオングリップとは思えない感度がありますので、是非、試投会等で一度お試しください。

uokarodでも、今までご要望が多かった事もあり通しのグリップモデルをラインナップしてきました。
しかし、上記の様な理由で通しのグリップのラインナップの必要性を感じなくなった事もあり、近々、通しのグリップ付きのモデルを通常ラインナップから外そうと考えております。(特注ではお受けしますが。。。少し、割高になります。)

追記
ただ、Reverse Gripの売りの一つであるトリガーレスを好まないお客様もいらっしゃいますので、通しのグリップモデルをラインナップから外せなかったのですが、現在トリガー付きReverse Grip(Reverseでは使えなくなりますが。。。)を試作中です。完成したらReverse Gripだけで好きにお選び頂く事が可能になりますので、通しのグリップモデルはラインナップから外そうと考えています。